ゲームプランナー

日本にはゲームという文化が根付いています。
これらは手軽に楽しめるし、誰でもできるものとして利用されています。
従来、ものづくりの仕事は必要なものを作るということが多かったのですが、嗜好品としてゲームが登場してから、余暇を楽しむためや人生を豊かにするために作られるものとなりました。
そういったゲームを作っている職業のひとつがゲームプランナーです。

これはゲームをプランニングし、世の中に新しいゲームを提供していく仕事となります。
ゲームが好きな方やゲームを作ってみたいという方が一定経験を積んだ上でこの手の仕事に就くことも多かったのですが、新卒で就職する人もいます。
様々な道が増えているので、それらを利用していくと良いです。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさはやはり、人に様々なものを提供できるということです。
ゲームの世界は空想の世界なので、その分無限に作ることができるといっても過言ではありません。

人間の生活に必要不可欠なものではありませんが、近年はゲームに人生を捧げている方もいるので、そういった意味でも素晴らしい仕事だと言えます。
単純にゲームが好きというだけでは苦労することも多い仕事ですが、その分やりがいもあって、楽しい仕事だと思います。

人に感動を与えることもできて、その空想世界へと旅をさせることができるのもゲームプランナーの仕事となっています。
また、自分が作ったものが出回っているのを見ると楽しくなってくると思うので、それらを利用してより自分のやる気につなげていくこともできます。

仕事内容

具体的にはどんな仕事をしているのかというと、ゲームの企画などを作るのが仕事となります。
実際にキャラクターを作ったり、CGを作ったりする方たちと協力して作っていくのですが、いわばどういったゲームにするのかということや、ジャンルはどのようにするのか、ゲームの方向性はどういったものか、ステージ式にするのかなど、様々なことを考えていくのがゲームプランナーの仕事となります。
それぞれの特性を活かして仕事をしていくことが出来るので、その分やりがいも多いです。

向いている人

実際にどういった方が向いているのかというと、ゲームが好きで自分でも作りたいと思っている方です。
経験などは働きながら増やしていくことが出来るものですし、まずはその情熱を持っている方が向いているかなと思います。

後は企画力や提案力がリーダーシップなどが必要になってくる場合もあるので、それらを磨いていくのも良いと思います。
働きたいと思っている方は、実際には表向きは非常に楽しい仕事のように思えると思います。
しかし、実際には大変なことも多いので、その点はしっかり検討しておかなくてはなりません。