花火師

花火師とは花火を作る人たちのことを言います。
日本では夏になると花火を打ち上げる文化があります。
夏の澄んだ空に向かって打ち上げられる花火はいわば「ひと時の芸術」です。

また、花火とはいっても打ち上げるものや手持ちなど様々なものがあるので、それらを作っているのが花火師となります。
近年は手持ち花火などは工場で作られることが多いですが、それでも線香花火などを手作業で作っている方もいます。
彼らもまた立派な花火師と言えるのです。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさは、なんといっても広い空に美しい花火を打ち上げることが出来るということです。
花火は最近その形を変え、様々な色のものや光り方がまた違うもの、動物や人をモチーフにしたものまで登場しています。

さらにはハート型や星型などのものもあり、それらによって、花火という形も年々進化しています。
今こそ若い力で花火を作るということが求められており、新しい息吹を吹き込んでくれる人が求められています。
花火師として活躍したい方は、職人をやっている方に直接弟子入りすることも良いと思います。

仕事内容

花火師の仕事とは、花火を作ること、これだけです。
厳密には花火の打ち上げやイベントの時の安全管理なども行いますが、花火師は基本的に花火を作って生活しています。

毎年夏になると花火が打ち上げられると思いますが、その一つ一つに魂を込めるのが花火師の仕事で、一瞬でなくなる花火に何か月もかけて作ったりします。
その儚さを感じたり、情熱を感じたりすることもできるのがこの仕事で、一発打ち上げられた時の観客の歓声を聞くだけでも、やりがいのある仕事となります。

近年は花火師だけで生活している人は少なくなっており、他にも仕事を持っており、職人として花火師をやっている方もいます。
職人というのはそういった方も多いので、花火師だけで生活していこうと思っている方は近年少なくなっているかも知れません。

向いている人

この仕事に向いている人は、危機管理ができる慎重さを持った方と花火が好きな方です。
特に火薬をあつかう仕事なので、危機管理能力に関しては高い能力が求められます。

また、やりがいも求めている人にも良いでしょう。
夏の思い出を強烈に残すことが出来るので、この仕事も価値のあるものとなります。
花火師は花火を作る仕事です。
空に咲く美しい火花をどう設定するのかということについて日夜鍛錬をして、近年は若い人が花火師になるということも話題になっています。

職人気質の方が多い中、そういった世界に飛び込んでいる女性もいて、花火作りに熱を注いでいる方もいます。
花火とは生活に絶対に必要なものではないです。
しかし、日本人の心を温かく演出することができる仕事です。