建築家

建築家という仕事もまさにものづくりとしての仕事ですが、簡単に言うと家を建てたり、街中のビルを建てたりする人たちのことを言います。
一級建築士や二級建築士という言葉を聞くと思いますが、建築家というのはそういった資格を有している人がほとんどです。
彼らはまさに建物のプロとして活躍しており、不動産ブームの現代で、様々な建物を建築してきました。

建築家になりたいという方は、大学で建築関係のことについて学んだり、専門学校で学んだりすることができます。
高卒で働きながら、その後に資格を取得する方もいるので、様々な道があるといます。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさはやはり、自分が設計した建物が実際に建つということです。
人間は生きていると何かを残したくなるものです。

建築家にとって家やビルなどの建物はまさに生きている証になりますし、そのまま自分の実績となるので、それらを利用して、より一層自分の仕事のレベルを上げていくことも可能なのです。
それがこの仕事の素晴らしさです。
また、直接人から感謝されることが多いので、その分やりがいも大きいです。

仕事内容

建築家の仕事内容としては、建設に関わること全般と言えます。
単純に個人の家の設計をするといっても、CADを使った製図を行ったり、実際にどういった大工の方と協力していくのかという打ち合わせをすることもあります。
これらを利用して、より一層強い協力関係の元、建築物を作っていくことになります。

建築家はデザインから製図、配置、間取り、材料などを決めていくことも行うので、仕事も多岐にわたると言えます。
ただ、根底にあるのは「建物を建てる人」なので、実際に自分が建築家として活躍してみたい方は、その道で進んでみると良いと思います。

向いている人

この仕事に向いている人は、やはりセンスのある人とコミュニケーション能力がある人です。
どの仕事でもそうなのですが、一緒に仕事を展開していくことが多い建築士はその分、人とかかわることも多くなります。
なのでコミュニケーションが得意という人が向いていると思います。後は単純に建物が好きな方や自分で建ててみたいという方は目指すべき仕事です。

近年はデザイナーズマンションなども増えてきており、それらの設計をしている建築家の方もいます。
デザイナーズマンションというのは、建築家の趣向を凝らしたものが多く、独自性の高いマンションとなるので、その分生活のレベルが上がったりもします。

建築家というのはそれぞれの人々の生活にマッチする建物を建てる職業なのです。
毎日使うものだからこそ、建築家として働く人は入念な準備や設計、計画をしていくことが必要で、その分大変なことも多いですが、やりがいの大きな仕事でもあります。