ガーデンデザイナー

近年多くなってきたのがガーデンデザイナーという職業です。
個人でガーデニングをする方が増える中で、それを仕事にしている方がいるのです。

癒しが求められる現代で、そういった仕事を求めている方も多いです。
ガーデンデザイナーというのはまだまだ浸透していない言葉でもありますが、分かり易く言うと造園に関わる人でもあります。

例えば植物園などの配置や街の花壇、個人でのガーデニングの教室を行ったり、会社に配置するガーデンなどをデザインしたりすることもあります。
主に個人宅の庭などをデザインすることも多く、デザインできる楽しみがあります。

これから目指してみたいという方は、試験の講座などもあるので、そちらに参加してみると良いと思います。
資格があれば、ガーデンセンターで働くことなどもできますし、事務所でガーデンデザインの仕事を請け負うこともできます。
仕事の幅はこれからも広がっていくかもしれません。

素晴らしさ

近年心が疲れた方も多い中、やりがいを持ってできる仕事がこの仕事です。
自分が描いたデザインで満足してもらうことが出来たらものすごい遣り甲斐になりますし、近年は緑の大切さを広められる仕事の一つとしても利用されています。
近年はそういった方が多いので、新しい庭づくりに参加してみませんか。

仕事内容

ガーデンデザイナーが実際にどういった仕事をしているのかというと、ガーデン全般の仕事と思って良いと思います。
ただ、この資格があるとガーデンのデザインが出来るので、単純にガーデン製品を扱う店で働くのではなく、ガーデンをデザインする事務所として活躍することが出来るのです。
近年は多くの方がガーデニングを趣味にしているということもあり、そういった方にアドバイスをしたり、実際に庭をデザインしたりします。

向いている人

この仕事に向いている人は、ガーデニングが好きで、一つの範囲内でいかに演出ができるのかを考えられる人です。
家の庭というのは大きさに違いはあれど、それぞれ決まった範囲内で作っていくことになります。

そういった範囲の中でいかにガーデンのデザインをするのか考えられる方が向いています。
また、製図をしたり、パース画を描いたりするので、植物が好きで絵をかくのが好きな方なども挑戦することができる仕事だと思います。
近年は資格取得のために勉強している方も多いようです。

近年は需要も安定してあるので、ガーデンデザイナーになりたいという方も増えています。
しかし、実際にはまだまだガーデンデザイナーという職業は浸透していません。
近年になってから日本造園協会によって「ガーデンデザイナー認定試験」が行われるようになり、そこからこの職業が認知されるようになっています。