空間デザイナー

a0782_000215

ものづくりの幅も様々ですが、工業やデザイン系などは特にものづくりのイメージが強いと思います。
中でも近年人気となっているのが、空間デザイナーです。
この職業は近年になってから名前を聞くようになったという方も多いでしょう。

主に空間デザインを活かしたライフスタイルを提供する仕事で、例えば家づくりや部屋づくりなどのアドバイスを出したりするのもこの仕事になります。
これらは非常に高いセンスと知識が必要になってくるので、専門学校や大学でしっかり学ぶことが必要な職業です。

最近はオシャレな生活がしたいという方や、家を魅力的にしたい、部屋を魅力的にしたいという方も多いと思います。
そういった方の空間をデザインするのがこの職業の人たちなのです。

個人ではなく会社のオフィスを作ったり、街中のビルや建物の空間デザインを担当している方も多いです。
さまざまな仕事があるので、それぞれ勉強が必要になってくる職業です。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさは、より空間を活かしたデザインが出来るということです。
デザインと聞くとそれぞれのセンスが試されるのではないかという方も多いと思いますが、実はテンプレなどもあるので、そういったものを活かして、どこになにを配置するのかということについて決めていくこともできます。

何より、自分がデザインした空間に人がいるということがとても大きなやりがいになると思いますし、自分のセンスを試したいという方にもおすすめの職業です。
満足いってもらえるものを作ったときは、それだけでも大きな喜びになるので、素晴らしさを感じることも多いと思います。

仕事内容

空間デザイナーの仕事は顧客に合わせた空間デザインをしていくことです。
ビルの中にオフィスを構えるときにも利用されますし、個人の家の空間づくりでアドバイスをすることもあります。

建築家とかかわることも多いので、そういったコネクションを作っていくことも仕事の一部となっています。
会社で空間デザイナーとして働いている方もいますが、個人で独立している方もいて、その人によってまったくデザインする空間が変わってくるので、需要に合わせられる空間デザイナーになることが必要です。

また、街でオブジェなどを見たことがあると思いますが、そういった配置の仕事もすることがあります。
主に空間を活かしたデザインの仕事が空間デザイナーの仕事です。

向いている人

この仕事に向いている人は、空間づくりに興味がある方です。
働きたいと思う理由は単純なものでもいいのです。
例えば「子供のころ自分の部屋が狭くて、いかにして良い部屋にするのか考えていた」という方でも良いでしょう。
また、「インテリアに興味があるけれど、配置についてもっと勉強したい」という方などもこの仕事に向いています。