プログラマー

ものづくりというイメージが少ないのがプログラマーです。
彼らの仕事は表舞台にはあまり出ませんが、このプログラマーの方がいないと成り立たない業界もあります。
例えば普段から利用しているネットの通販サイトがあるとして、それらのサイトは普通に使っていると思いますが、実は様々なプログラムで構成されているのです。

クリック一つで注文できたり、アンケートや評価を打ち込むときなどにもそれらのプログラマーの知識が必要となってきます。
より専門性の高い仕事として知られており、近年多くの方に利用されています。

表舞台にでることはあまりないですが、人の生活を支える仕事の一つとなっているので、ネットの世界を構築して、より便利なものにしていくことができるのがこの仕事となっています。
また、近年多くの方が使っているSNSサイトなどもプログラムがなくては機能しないので、それらを作ることが出来るのがプログラマーとしての仕事ということになります。

素晴らしさ

プログラマーの仕事の素晴らしさはネットの世界の「便利」をつくることが出来るということです。
通販サイトを例にしますが、商品を検索するときに何気なくキーワードを入力して検索すると思います。

これもプログラミングによって構成されているのです。もし、大手通販サイトなどでこの検索機能が無かったらどうでしょう。
きっと多くの方が不便だと思うでしょうし、それがなければ通販サイトとしての機能も著しく低下します。

普段何気なく使っているために気付くことも少ないですが、そういった陰で便利を作ることが出来るのがこの仕事の最大の魅力となります。
また、SNSサイトなどで友人検索機能などがあると思います、さらにはメッセージ機能やコミュニティとしての機能、あれらを作っているのもプログラマーなのです。

仕事内容

これは先ほどの説明と似てきてしまうのですが、仕事内容としてはネットのサイトやページなどをより便利にするのがプログラマーの仕事となります。
また、プログラマーとはいってもゲームプログラマーやWEBプログラマーなどの仕事があるので、ゲームの方でも活躍することが出来ます。
なお、ゲームの場合は、ゲーム内の機能や動きなどを決定するのがこのプログラマーの役目になるので、より慎重に仕事をすることが必要となります。

向いている人

この仕事に向いている人は、より便利を生み出したい人といえます。
常に「こういった機能があったら便利だな」と考えている方は新しいプログラム開発などを行うこともできます。

飽くなき探求心と向上心を持って仕事に取り組める人がこの仕事に向いています。
また、プログラミングは非常に細かい作業になるので、集中力が必要ですし、根気も必要となってきます。