システムエンジニア

システムエンジニアもある意味ものづくりの仕事となっていますが、どういった職業なのかというと、プログラムなどを用いてシステムを構築する方のことを指します。
「それってプログラマーとなにが違うの」と思った方もいると思います。
プログラマーというのはプログラム言語というものを用いてさまざまなプログラムを構築する方のことを言います。
サイトのレイアウトや機能を作るのがプログラマーの仕事ですが、一方エンジニアの仕事とはいったいどういったものなのかというと、エンジニアはネットワーク関連のプロとして仕事をする人を指すことが多いです。

ネットワークは様々な情報や機能で構築されています。
その設計をしたり構築をしたり、運用をしたりしていくのがシステムエンジニアの仕事となります。
プログラマーはどちらかというと専門的な言語を利用して行っていく仕事なのですが、システムエンジニアの仕事は多岐にわたるので、一概にプログラムだけではありませんし、中には情報処理分野で働くエンジニアの方もいます。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさはやはりネットワークに関することやパソコンに関する仕事ができるということです。
パソコンやネットワークが好きという方には天職になるでしょうし、普通のものづくりとはちがって、人を選ばないのでその分大人数に影響を与えることもできるのがこの仕事なのです。
ネットワークはいまや世界的に通用するものとなりました。そこで仕事ができるということは、ネットが好きな方やパソコンが好きな方にとって、この上ない喜びとなると思います。

仕事内容

システムエンジニアは主にネットワークの構築や設計、運用などを行う仕事です。
主にソフトウェアの開発や情報処理分野などで、活躍することが出来るので、情報処理などの資格を持っている方は、その分仕事に活かすこともできるので、目指してみるのも良いと思います。

また、システムエンジニアの仕事は「難しそう」と思っている方もいると思いますが、未経験でも可能な求人も多く、それでいて手に職を付けることができるので、仕事内容を一度覚えることが出来たら、あとは比較的仕事も柔軟に進めていくことができるようになると思います。
現在何がしたいのかわからないという方は、システムエンジニアとして未経験で努力してみるのも良いと思います。

向いている人

大前提としてこの仕事に向いている人は、ネットワークが好きという方やパソコンが好きという方になります。
好きなことを仕事にしてはいけないという言葉がありますが、好きなことだから頑張れるのです。
まったく興味のない仕事を始めて好きになれる方もいますが、そこで好きになっているということは、もとから好きなことを仕事にしても良いということです。
挑戦してみたいという方は、挑戦する価値が十分にある仕事だと言えます。