カメラマン

カメラマンも一種のものづくりの仕事となります。
映像をつくる仕事の一つなので、カメラマンは映像にとって必要不可欠なものとなります。

近年はCGで全ての映像を作ってしまうこともありますが、カメラマンは様々なところで活躍できます。
まず、日本のカメラマンの定義には二種類あるといって良いです。
一つ目が写真や画像などをメインとしたカメラマン、もう一つがテレビや動画などの映像をメインとしたカメラマン。

カメラマンは実際に様々な仕事をしているので、カメラマン一本で生活している人は珍しくもあります。
ただ、どちらの業界も現在は不況の影響もあって、苦労しているので、どうしてもカメラマンになりたいという方しか生き残れない職業となっています。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさは先ほども言いましたが、一瞬の輝きを残しておくことが出来るということです。
写真の方のカメラマンでも映像の方のカメラマンでも、その時に起こったことや残しておきたいものなどを残しておくことができ、それが多くの人の目に残るのですから、これほど素晴らしいことはありません。

それぞれどちらもものづくりの仕事ではありますが、まったく違った業種でもあるので、それぞれの仕事について 説明します。
写真家などと呼ばれるカメラマンは主に書籍での活躍がメインとなります。写真を使って本を書いたり、雑誌などに写真を提供したりするのがメインになるからです。
一方映像のカメラマンの方は動画作成やテレビ、映画などが仕事となります。

これらの違いをしっかり把握しておくことが重要です。
どちらの仕事も映像や画像でその時その時を残していくことが仕事となるので、どちらもやりがいがあります。

仕事内容

実際の仕事内容としては、頼まれるか自発的にするのかで変わってきます。
写真をメインにしている方は、頼まれてモデルの撮影をしたり、グラビア撮影をしたりすることもありますし、「OOのような写真を撮ってください」と会社から仕事をうけるフリーのカメラマンもいます。

その場合は自由に写真を撮ることはできませんが、中には海外旅行を数多く経験して、そこから自分の本を出すカメラマンもいます。
映像関係のカメラマンになると、テレビ局で働くことなどが多く、それ以外は映像づくりのためにカメラを持つ方もいます。
それぞれの仕事があるので、気になる方は見てみましょう。

向いている人

この仕事に向いている人は、被写体を常に探して、それを切り取ることができる人です。
なかなかそういったことができる人はいないのですが、天性の才能を持っている人は、実は隠れていたりします。
写真でも映像でもカメラマンは、その一瞬を残す仕事なので、興味がある方は、どんな仕事か詳しく調べてみると良いと思います。