雑誌編集者

雑誌編集者と聞くと物凄い楽しそうな仕事のように思っている方もいると思います。
日本では雑誌が数えきれないほど出版されています。それらを作っているのが雑誌編集者です。

ものづくりと聞くと職人の方が多いような気もすると思いますが、雑誌編集者のように会社でサラリーマンとして働いている方も多いのです。
雑誌は普通に生活していても様々なところで見ることが出来ると思います。

例えば、コンビニや本屋、スーパー、デパート、駅中など様々なところで利用されています。
ふとそれらを手にとって「こういったものってどういった方たちが作っているのかな」と思ったことがあるという人もいると思います。
実際には会社として成り立っている出版社などの編集者が作っていることが一般的です。

ただ、それぞれのジャンルの幅が広いので、それぞれの雑誌編集者がいたりします。
例えば旅行系の雑誌編集者がいたとして、そういった方にゲーム雑誌の編集をしてと言っても最初は難しいと思います。
ただ、そうやって社内で経験を伸ばしていく方も多く、さまざまな雑誌を扱っているところだと、そういったやり取りも行われていると思います。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしい点はやはり、世間でも利用されることが多いということです。
特に若い層を中心に広がっていたのですが、雑誌全盛期から数年たち現在は30代から60代など幅広く展開しているものも多いです。
おもにジャンルを明確にして、それぞれのターゲットにむけて作られるものが多いです。

仕事内容

おもに雑誌編集者は雑誌の内容や構成、文字の配置や画像の配置、どういった企画か、コンセプトやターゲットなどはなにかということについて決めていきます。
文章をそのまま考えることもありますが、ライターなどがいる場合は、そういった方型に記事を書いてもらって、それを編集するという形で雑誌を作っていきます。

それに対して、どのように編集するのか考えていくのも仕事であり、より洗練されたものにしていくことが必要です。
毎月出版されるものなどはルーティンになることも多いですが、日々世の中は変わっているので取り上げる話題に敏感になっておくのも必要なことです。

向いている人

さきほども言いましたが、流行を常にキャッチして、それぞれの内容をより深めていくことが出来るの方が雑誌編集者に向いています。
また、常に世の中で流行っているものなどに敏感である必要があるので、アンテナが広い人なども良いです。

この手の仕事は、特集が魅力的でないと購入される部数にも直接影響してくるので、常に世の中が求めているものを判断しなければなりません。
近年は小さなことでも取り上げようとする傾向がありますが、そのままだと低迷していく可能性もあるので、より新鮮なものが求められます。