ものづくりの仕事について

日本は「ものづくり」の国と言われています。
昔、ものづくりというのは様々なものがありましたが、近年になりさらにそのものづくりの形が変わってきています。
このサイトでは、そういった変わってきている「ものづくり」の仕事について紹介していこうと思います。

ものづくりの仕事

みなさんは、ものづくりと聞くとどういった仕事をイメージするでしょうか。
おそらく多くの方は職人の方をイメージすることが多いと思います。

ガラス職人や漆塗り職人、着物職人など様々な方がいます。
この方たちは紛れもなくものづくりの職人です。
手でつくることしかできないものだからこそ、職人としての技術が必要ですし、そういったことを職業にしている方がいるのです。

ただ、近年はそういた職人の形から現代のものづくりへと変わってきています。
ものづくりはパソコンに移行してきているのです。
手に職を付けている職人の方は、手作業で行っている方もいますし、それは長年身に着けてきた技術なので、素晴らしいものです。

つまり、これからの日本社会は二つの柱で進んでいくということなのです。
手作業でやっていく職人タイプとパソコンを使った職人タイプです。

もちろんパソコンを使っていても手作業なので、この境界線は難しいですが、より現代的なものづくりと、昔からのものづくりに分かれるということです。
このサイトでは、その両方に焦点を当て、それぞれの仕事の素晴らしさや仕事内容、どのような方に向いているのかなどについて説明していきます。

サイトの使い方

このサイトの使い方としては、今ものづくりの仕事に興味がある方やものづくりの仕事をしてみたいという方、将来の方向性に迷っている方などに使ってもらえると良いと思っています。
それぞれの仕事の特徴を見てみて、これからの仕事に活かすのも良いですし、転職時などにも使ってみてください。ものづくり大国ジャパンの力を引き継いでいく方がこれからも必要です。

ものづくりはその形を変え、より高度なものづくりへと変化しています。
何かを作って残していくというのは素晴らしいことです。
これを機に一度ものづくりの仕事に興味を向けてみるのは如何でしょうか。
様々なジャンルごとに説明していくので、それぞれその魅力を知ってみてください。

(参考)物作り仕事とは!もの作り仕事を紹介しています「「やりたい仕事・役に立つ仕事を見つけよう」
http://www.ayay10.com/sigoto/a-monotukuri-sigoto.html

こちらのサイトでもものづくりの仕事などを知ることが出来ます。

今後のものづくり

今後はより一層ものづくりが必要になってきます。
ものづくりと聞くとなかなか難しそうだなと思っている方もいると思いますが、もちろん大変です。

しかし、その分やりがいもあるし、人の記憶や心に残るものを作ることが出来るので、職業として行うには最高だと思います。
まずは自分の夢などを明確にして、そこからどういった方向に進むのかを考えてみると良いと思います。

ものづくりの形はこれからさらに多様化していくと思います。
その中で、よりものづくりの進化に携わることが出来れば、人生も輝くと思います。