1. >
  2. >
  3. アニメーター

アニメーター

084143

アニメーターの仕事もものづくりの仕事として人気です。
日本では毎日アニメーターが活躍しています。

日本は世界的に見ても有名なアニメ大国ですから、その分アニメーターとしての仕事も豊富にあるのです。
日本では1クールで一つの作品をアニメ化することが多いです。

一週間に1回の放送として三か月12回の放送などが一般的で、それを1クールとして年回4クールで回すのが一般的ですね。
その中で仕事をしていくのがメインとなり、作画をしたり、動きを点けたり、背景を書いたりするのがメインの仕事となります。

またアニメとはいってもネットのサイトのキャラを書いたり、CMなどでアニメーターが活躍することもあるので、そういった仕事もあることを知っておくと良いです。
日本では有名なプロダクションも多いですし、海外でもアニメは認められているので、影響力の大きなものづくりの仕事の一つと言えますね。
最近は多くの方がアニメーターになりたいと夢見ており、倍率なども高くなっています。それでも目指したという方が多いのは、やはりそれほど魅力も多い仕事だからだと思います。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさとはやはり、多くの人に夢を与えられるということと、なかったものを生み出すことが出来るということです。
アニメは時に人を感動させたり、笑わせたり、泣かせたり、興奮させたり、冒険心をくすぐったりすることが出来ます。

人間の感情をより刺激できるのがこのアニメという文化なのです。この仕事はそういった夢を作り出すことができる仕事ということが、何よりも素晴らしい点です。
また、まったくなにもなかったものから作っていくことが出来るので、一つの作品が完成するたびに感動する方もいます。

仕事内容

仕事内容としてはアニメを作ることが仕事となります。
もともと漫画原作やライトノベルなどが原作になっているものが多いので、それらを作画し、アニメを作っていくのが主な仕事となります。

単純にアニメとはいっても様々な分野に別れているので、その点は注意しましょう。
例えば人物を重点的に書いていくアニメーターの方もいますし、背景を担当している方もいます。

背景と人物ではまったくといって良いほど違ってくるので、その点に関しても仕事内容として把握しておかなくてはなりません。
また、効果やエフェクト等を担当しているアニメーターや最後の仕上げを担当している方もいて、それぞれ違うのでしっかり検討していきましょう。

向いている人

これは正直に言うと、アニメが好きな方と絵をかくのが好きな方、これだけです。
好きなことならなんでもできますし、この仕事は過酷な場合も多いですが、それを乗り越えられる原動力となるのが好きという感情なのです。
もちろん、それ相応の負担はつきものです。
好きを仕事にするつらさはありますが、根性論で乗り越えることができる人には適した職業と言えるでしょう。