陶芸家

陶芸家という職業もものづくりの仕事となります。
現在は陶芸家として活動している方も多く、教室を開いている方もいます。

最近は女性の陶芸家なども増えていて、陶芸を楽しみながら生活している方もいます。
また、休日だけ陶芸家というのも増えてきており、平日は普通に仕事をしており、休日になると陶芸活動をしている方などもいます。

陶芸家ではなくても、女性が陶芸を楽しむこともありますし、カップルの楽しみの一つになってきているということもあり、近年その形が変わってきています。
ただし、職人気質の方は陶芸を自分だけでやっている方もいて、作業工程など全て一人で行っている人もいます。
まさにものづくりの仕事と言えますね。

素晴らしさ

この職業の素晴らしさは、なんとも言えない味を出すことができるということです。
ものづくりというのはその人の個性や特徴が出てくるものですが、それが非常に出てくるのが陶芸でもあります。

どれも全て同じ形になるということがないので、世界で一つだけの作品を作ることが出来るのもこの仕事の楽しみの一つでもあります。
毎回違うものが出来て、機械では決して出ない良さがあります。

それが陶芸としての仕事の素晴らしさであり、特徴でもあるのです。
世界に一つだけの作品を作ってみたい方は、趣味でやってみるのもよいと思います。

仕事内容

陶芸家としての仕事内容は「こうする」という決まったことがないということが特徴でもあります。
陶芸家というのは作りたいと思ったときに作ることが多く、仕事としてやっている方は、例えばそれを売る目的でやっている方などがメインとなります。

仕事という言葉ではなかなか表しにくいのがこの職業であり、具体的な位置付が出来ないのです。
ただ、教室を開いている方は、陶芸が初めてという方のために教えることが仕事となりますし、粘土を作るところから、形を作ること、焼いて製品として仕上げていくところまでが仕事となり、これら全ての工程が陶芸家としての仕事になります。

向いている人

この職業に向いている方は、何かに集中して取り組むことが好きな方に向いています。
正直なところ陶芸は集中してこそ良い作品が生まれます。より集中力をもって行うのが良く、それでいて自分の感性を磨きたいという方もこの職業に向いているかも知れません。
それと、近年は趣味や遊びの一つとして初めているかたも多いので、そういった方に教えるということもできるので、人に教えることが好きな方にも適しているでしょう。

陶芸教室は最近人気になってきており、野球選手などの合宿で利用されることも多いようです。
陶芸をおこなっていると集中力が付きますし、なにもかもを忘れて陶芸に熱中することができると思います。
普段は自分の作品を作っていることが多いですが、会社旅行の際に社員の楽しみの一つとして使われたりもします。
彼らに陶芸を教えることも陶芸家の仕事であります。