ファッションデザイナー

ファッション

ファッションの最先端の職業として人気の高いファッションデザイナー。

鮮やかにスケッチを描いて洋服や小物などをデザインしていく華やかな仕事、といったイメージを持たれている方も少なくないでしょう。

実はファッションデザイナーは、地味な作業も多く職人気質なところもある意外性のある職業です。

ものづくりのお仕事として他の仕事にも共通する部分があるファッションデザイナーの仕事内容などをまとめていきます。

ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーと一口に言っても、働き方や仕事内容が異なるタイプがいくつかあります。

企業デザイナー

ファッションデザイナーとして最もメジャーな働き方です。

自社ブランドを持つ企業のデザイナーとして勤める形態です。

デザインする製品はブランドのコンセプトや世界観に合わせ、かつ大量生産が可能なデザインとして考案していきます。

フリーデザイナー

独立したデザイナーがフリーデザイナーです。

元々は企業デザイナーとして企業に勤めていたデザイナーが経験を積んだあと、独立してフリーデザイナーとなる場合があります。

オートクチュールデザイナー

デザイナー自身がブランドを持っていて、顧客のオーダーに対してオリジナルなデザインを行うデザイナーです。

仕事内容

ファッションデザイナーの仕事はセンスが重要ですが、企業デザイナーであってもフリーデザイナーであっても、センスだけでは仕事になりません。

デザインする製品のターゲットを決め、ターゲットの市場をよく調査し、トレンドや文化、ライバルとなる商品などを調べ上げるところからはじまります。

どのようにして製品を売り出していくかまで戦略を立て企画ができたら、イメージを起していきます。

その時には色の選び方、素材の知識、パーツや縫い方など細部にわたって正確に指示できるデザイン力も必要になります。

ササッと描いた絵が製品になるというようなことはなく、地道で繊細な作業が必要な仕事です。

なり方

ファッションデザイナーになるためには特に資格などは必要ありません。

しかしながら、認定試験を受けておくことである程度デザイナーとしての実力を示せるため、持っておいて損はありません。

有名な認定試験・検定には、「ファッションデザイナー認定試験」、「服飾インストラクター認定試験」、「パターンメーキング技術検定」、「カラーコーディネーター検定試験」、「ファッション色彩能力検定」、「洋裁技術検定」などがあります。

ファッションデザイナーになるルートはいくつかありますが、一般的には服飾系の学校などで知識とスキルを身に着け、アパレルメーカーやデザイナーの元でアシスタントになるということが多いようです。

経験が重視される世界なので、修業期間がとても重要になります。