インテリアデザイナー

a1360_000024

インテリアデザイナーというのはインテリアに関する仕事です。
これはインテリアについての仕事なので、ソファやタンス、テーブルや照明、棚など様々なものに対して、それを提供したり、デザインしていくのがインテリアデザイナーの仕事となります。

人々の生活により沿って行くことが出来るので、その人のライフスタイルを作るといっても過言ではありません。
つまり、インテリアを欲している人に最高のライフスタイルを提供するのがインテリアデザイナーの仕事なのです。

近年生活に独自性を求める方が増えてきており、数十年前では考えられないほど、生活スタイルが多様化しています。
例えば注文住宅1つとっても、埼玉県を中心にサービス展開するローコスト注文住宅というセミオーダー制で安く購入ができるサービスが登場し、
今まで金額が問題で購入が出来なかった人も戸建てを建てられるようになっています。
これらによって、必要とされるようになったのがインテリアデザイナーなのです。
インテリアデザイナーになりたいという方は、まずはインテリア関連の学校に通うか、実際の仕事を探してみると良いと思います。

素晴らしさ

インテリアデザイナーの素晴らしさは、インテリアを自由にデザインできるということでもありますし、その人の生活に寄り添ったアイテムを提供できるところでもあります。
インテリアというのは言ってしまえば形は無限大です。

どのような形のインテリアを作るのかということについても考えていくことができるので、その分インテリアデザイナーとしてのやりがいも大きいです。
それが一番の素晴らしい点なのではないかなと思います。

特に近年の若者は生活スタイルも多様化しているので、そういった人々に対応できるようになることが必要となってきます。
これからさらに生活が多様化してくると思うので、それに合わせたインテリアデザインが出来るデザイナーが必要とされています。

仕事内容

主にインテリアデザイナーの仕事はインテリアのデザインを考えたり、空間にどのように配置するのかを考えたり、独自性の高いものを芸術として作ったりもします。
また、個人に対しての提供もしていますが、ビルなどのインテリア関連の仕事をする方も多いですし、街中のオブジェをどのように配置するのか考える仕事もあります。

実際には空間デザイナーとも強い関わりがあるので、仕事内容としては被っているものもあるかもしれません。
自分が作ったものがそのまま使われることもあるので、その分やりがいも大きな仕事となります。

向いている人

こちらの仕事に関しては建築やデザインの知識が必要になります。
そのため、柔軟な頭を持った方やインテリアに興味のある方が向いています。
基本的にインテリアは機能が決まっているものも多いので、そこからどのようにデザインをしていくかが問題となります。

これからインテリアデザイナーとして仕事したいという方は、まずは建築関係の学校に進んだり、デザインの専門学校に行くのが近道でしょう。
都内はもちろん、関西では大阪府の中心である難波にもデザイン専門学校があります。
中でも、大阪のあべのHoopの中にある「SALON adam et rope」のデザインを手掛ける株式会社アトマに在籍しているインテリアデザイナーもバンタンデザイン研究所の出身です。
デザイン学部-バンタンデザイン研究所(大阪)

身近なファッションビルの店舗のデザインを考えた人がいたという学校ってなんだか憧れますよね。

ここの専門学校は、学生やフリーターの方向けに業界ガイダンスを行っていたりするので、興味があれば一度足を運んで実際のデザインの勉強について聞いてみるのもおすすめです。
クリエイティブ業界ガイダンス-バンタンデザイン研究所(東京・大阪)

自分の好きなことを極めて、デザイナーとしてキャリアを積んでいきましょう。