CGデザイナー

a1180_003953

近年人気の職業になっているのがCGデザイナーです。
日常生活で見かけるような映像にはほとんどCGが使われています。
特に身近なものとしては、CMや映画、ゲームなどにはそういったものが使われています。

現代はこの手の職業が多くなっており、CGソフトを使ってものづくりをしている方がいます。
ものづくりと聞くと形のあるものを想像しますが、近年は映像関連も立派なものとして認知されています。

素晴らしさ

特に有名な外国の会社などではフルCGの映画を作って、大きな興行収入を得ている方もいます。
それらはもちろん世の中に必要なものですし、多くの人を感動させ、多くの感動を巻き込んでいます。
お客様に対して夢づくりができるのがこの仕事なのです。

仕事内容

CGデザイナーの仕事としては主にCMを作成したり、映画を作ったり、ゲームを作ったりすることです。
とはいっても、ほかにもプログラマーがいたり、イラストレーターがいたり、営業がいたり、企画開発がいることによって成り立っているので、CGデザイナーの仕事としては、CGを作ることとなります。

例えばイラストレーターが映像の下書きや大まかデザインを作ったとして、それに合わせてCGを構成していくのが仕事となります。
これにはセンスと技術が必要なので、その分経験がものをいう仕事でもあります。
CGデザイナーの仕事をしたいという方は専門学校などにいってCGについて学ぶことが必要なので、自分の将来が見えた方は、より技術が学べる学校などに進むと良いです。

向いている人

この仕事に向いている方は、本当にCGづくりが好きな方というのが前提となります。
もちろんただ好きというだけでは勤まる仕事ではありません。

例えば映画を見て「こういったCGを作りたい」と思う方もいると思います。
しかし、実際にそれらは表向きだけになります。
本来のCGデザイナーとはいっても、朝から終電までずっとCGを作ることになることもありますし、残業は当たり前で、仕事が入れば納期ギリギリに指定してくる取引先などもあります。

それらに対応していると、ただ好きというだけではやっていけないのがこの仕事でもあるので、本当にCGが好きで、CGのためなら何時間でも働けるという方が向いてます。
ただ、CGデザイナーとは言ってもCMを作ったり、PR映像を作ったり、映画を作ったり、ゲームの背景を作ったりという多岐にわたる仕事となるので、より明確な目標も必要になります。

現在、この仕事につこうと思ってる方は、もちろん好奇心などが豊富で良いと思いますが、働いてからギャップに衝撃を受けることもあるので、より深くまで仕事について知っておくと良いです。
夢をつくることに関しては、最高の仕事となるので、目指してみるのも人生において華になると思います。