1. >
  2. >
  3. WEBデザイナー

WEBデザイナー

急速にその需要が伸びて生きているのがWEBデザイナーですが、近年はネットを制したものが仕事を制するとも言われており、需要は増加しています。
ネットをより活用して、自社のマーケティングを行ったり、PRを行ったり、社会に認知されることなどをしています。
サイトの構築をするのがWEBデザイナーとなります。普通にネットを見ている方だとわかりますが、普通のネットのページでも「このページ見やすくて、機能も充実していてすごいな」と感じることがあると思います。
皆が驚くようなサイトを作っているのがこの仕事となります。
今後もネットの世界はさらに飛躍していくと思うので、この技術を持っていると仕事に困らないかもしれません。

ネットを使った仕事に興味がある場合は、近年フリーランスでWEBデザイナーなどを行っている方もいるので、より自由な働き方をしてみたいという方は、WEBデザイナーとしての力を付けて、フリーランスで働いてみるのも勉強になると思います。
ただ、本当の自由を手に入れるには苦労する仕事でもあるので、甘い考えでは決してできない仕事です。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさというのは、やはり多くの方に見てもらうことが出来るということです。
現在ネットを使っている人は世界でも非常に多いですし、日本でもすでに高齢の方でも使うようになっています。

若い層には欠かせないのがネットですし、勉強のためや趣味でネットサーフィンをしている30代40代の方も多いです。
若年層ばかりでなく中年以降の方の目に触れる機会が多いのがWEBデザイナーの魅力でもあります。
ものづくりにおいて多くの方に見てもらって、それに対して様々な反響があったり、会社のサイトなどを構築して評価されると、この上ない喜びを感じることが出来ます。

仕事内容

この仕事の内容は、主にWEB関連のデザインを行います。
ネットの言葉というのは常にある言語などで構成されています。

その言語には一番有名なので、HTMLなどがあり、それらを利用してサイトを構築していくことがメインの仕事となります。
また、そのページをみやすくする工夫や集客効果を強める工夫なども必要で、マーケティングに関する知識などもあるとより仕事もはかどります。
一日の予定としては、ずっとパソコンにしがみついていることが多いので、適度に休憩することも必要となります。
こちらのサイトもWEBデザイナーについて知ることが出来ます。

(参考)
Webデザイナーとは?【Webデザイナーになるには~5つのポイント】
http://www.be-WEB-designer.com/work/
業界ミュージアム | さまざまな業界の紹介、各職業を紹介する
https://business-museum.net/

向いている人

この仕事には何よりも根気がある人が向いています。
集中力がないとできない仕事ですし、圧倒的なテキストの量になると、その分自分との闘いとなります。
それらにも耐えられるという方が向いています。
また、性格的な面だと、やはりネットを活用した仕事となるので、ネットが好きな方や様々な人に自分のページを見てもらいたい方などに有効です。