1. >
  2. >
  3. 映画監督

映画監督

クリエイティブな職業として、確固たる地位を確立している映画監督という職業。

映画好きでなくとも、好きな映画監督が一人くらいはいるのではないでしょうか。

世界的に有名な映画監督などは、映画の撮影現場の紹介や映画祭での授賞式などで顔を見る機会がありますが、実際のところどのようなことを仕事としているのかご存知でしょうか。

ここでは映画監督という職業についてまとめていきます。

映画監督の仕事内容

映画監督の仕事は、映画を作ることの初めから終わりまで全てです。

作る映画の内容がある程度指定されている場合もありますが、どのような映画を作っていくかを考え、脚本家や関係者らと連携してストーリーを練り上げていきます。

そうして作られた脚本をもとに、起用する俳優を決めたり、背景となる美術や撮影にかかせないカメラなどの映像制作に関わるスタッフを集め、映画の構想を作っていきます。

大きな労力をかけて脚本や構想をつくり、ようやく撮影がスタートした後もまだまだ仕事があります。

映像づくりに関わることはもちろんですが、細かなセッティングや演技の指導、音楽や編集なども管理するのが監督の仕事であるため、幅広い分野で高いレベルの知識や指導力、そして何よりセンスが求められる職業です。

撮影を行う日々の中でも、毎日制作スタッフと打ち合わせや編集作業などがあるため、多忙を極めます。

細かいところまで気を抜けないので、映像の美しさや作品のテーマに沿った演技ができているかなど、緻密に構成を確認していかなければなりません。

映画の撮影や編集が終了して、ようやく公開していける段階になると、次は作品のプロモーション活動に奔走しなければいけません。

映画は作って終わりではなく、多くの人に見てもらわなければ仕事として成立しませんので、テレビや各種メディアへ露出したり、取材対応やイベントの開催、舞台挨拶などで全国に出向くことも珍しくありません。

映画監督の収入

映画監督はかなり収入が高いようなイメージを持たれているかと思いますが、映像制作会社に所属しているのかフリーなのかや、契約の形態などによってピンキリだと言います。

興行収入の何割、といった形で支払われることもあれば、一本あたりいくらといった定額報酬の場合もあるようです。

日本の場合は基本的に定額報酬だと言われています。

名前が売れて有名になればそれだけ収入が増えやすくはなりますが、平均的な年収は400万円程度だと言われているので、高収入を目指したいのであれば相当な努力とセンス磨きが必要になるでしょう。