1. >
  2. >
  3. 映像クリエイター

映像クリエイター

a1150_000827

映像クリエイターという職業もあります。
これは文字通り映像を作っていく仕事なのですが、近年その需要はさらに伸びてきています。

映像媒体であれば、広告から芸術作品、プレゼント用まで幅広く作っていくのが映像クリエイターとしての仕事となります。
近年多くなっている仕事なので、この仕事を夢見ている方も多いと思います。
そういった時こそ活躍できるのが映像クリエイターなのです。

素晴らしさ

映像クリエイターの素晴らしさは、映像を通して人に影響を与えることが出来るということです。
例えば商品のPRなどでも、映像があればより購買意欲が高くなりますし、どういった商品なのかということについてもわかると思います。

さらにはそのものの良さをより効果的に表現したりすることもできるので、その分やりがいも大きい仕事となります。
映像という媒体は今後もなくならないと思うので、安定した仕事であることも魅力の一つですね。

仕事内容

映像クリエイターの仕事内容としては、おもに映像の構成や内容、どのようなコンセプトか、ターゲットは誰なのかという点について詳しく決めていきます。
そこから実際の映像を作っていくことになります。

絵コンテなどを用意して、実際にどのようになるのか会議や打ち合わせをしていくことが一般的です。
打ち合わせの結果、その方向で進めていくことが確定すると、いよいよ映像作りが始まります。

必要なロケ地の確保やCGでつくる部分なども考慮し、さらに映像を作っていきます。
最終的に完成するまで修正などが入ったりすることもあるので、忙しい仕事となります。
ただ、その分やりがいも多い仕事なのです。

映像を製作する仕事はさまざまなものがあり、例えばアーティストの映像を作る人もありますし、CMを作る人もいます。
ほかにも会社のPR映像や結婚式の映像などをつくる会社もあるのです。
映像クリエイターは様々な職場があるので、ものづくりの仕事の中でも安定した職業だといえるかもしれません。

また、近年は大手動画サイトに動画を投稿して、そのアクセス数で稼ぐという方も増えてきており、その映像を作る方も多くなっています。
近年は映像をつかったマーケティングも多くなってきており、その効果は非常に大きいです。
単純な画像ではなく、映像になることで、より分かり易くなりますし、目に入ってくる情報量が圧倒的に違います。
最近はネットのマーケティングや会社でのマーケティングに必要なものの一つとなっているので、これらを利用して、より効果を得ようとしている方も増えています。

向いている人

映像クリエイターにはどのような人が適性を持っているでしょうか。
芸術職であるため、一言で言えば”こだわれる”人がこの仕事に向いていると思います。

第三者の目線になれることが求められる映像クリエイター。
この映像がどういったものなのか、どこを修正すべきなのか、クライアントの意図を汲んで考えましょう。
自分で良い部分や悪い部分を探し、こだわりが持てる人に向いている仕事となっています。