1. >
  2. >
  3. TVプロデューサー

TVプロデューサー

普段から見ているもので多いのがTVです。
ものづくりの仕事としてTVプロデューサーというのがあります。

これらももちろんものづくりの仕事となっています。毎日見ているTVのい映像はそういったプロデューサーがいて、成り立っています。
芸能人が時折プロデューサーのことを話すと思いますが、それぞれの局にはプロデューサーという方がいて、彼らによってTVが作られています。
中には凄腕プロデューサーなどもいますが、普通にディレクターからステップアップして普通のプロデューサーになっていく方も多いです。

テレビ局というのはまだまだ年功序列で、年齢が上の方が偉いという風潮なので、実力があっても年齢を重ねないと上に上がれないということもあります。
それらを加味して、この職業に就く必要があります。
ただ、一度プロデューサーを経験すると、そのまま実績となって重なっていくので、評価もされやすいです。

ただ、視聴率などが低かったりすると外されることもあるので、その点は気をつけなくてはなりません。
芸能界と密接なかかわりがあるため、評価されないということがあるとシビアな状況になることもあり、ものづくりの仕事の中でも大変な仕事と言えます。

素晴らしさ

この仕事の素晴らしさは、やはり多くの方に見てもらうことができるということです。
日本のテレビ普及率は非常に高く、番組として自分が作ったものを世間の人に見てもらうことが出来るのです。

それがこの仕事の一番の素晴らしさだと思います。
自分が手掛けた映像やテレビが人々の目にとまり、その番組が面白いと評価を受ければ、そのままプロデューサーとしての影響力も大きくなっていきます。
また、芸能人との関係も構築していくことが出来るので、その分コネに強くなるという素晴らしさもあります。

仕事内容

プロデューサーはまさにそのテレビ番組をつくる監督のようなものですから、テレビ関係全般の仕事をすることになります。
どういったコンセプトの番組にするのかということについて決めなくてはならないですし、キャストや構成、内容についても考えていくことが必要です。

また、単に映像を流すだけでなく、演出の管理もしなくてはなりません。
テレビ番組全体の監督としての役割になるのがTVプロデューサーなのです。

向いている人

この仕事に向いている人は、リーダーシップのある人や構成力のある人、コミュニケーション能力が高い人などです。
特に番組関係者をまとめる必要がありますし、芸能人との接点もしっかり持たなくてはなりません。

そうした時リーダーシップが必要になってくることも多いのです。
この仕事をしてみたいという方は、長年テレビ業界で経験を積むことが必要となります。